Daily Archives: 2015年8月23日

  • -

ホームページを作りたい人必見!SEOを使ってビジネスしよう

SEOでアクセス数を稼ごう

ビジネスでホームページをしていて、なかなかアクセス数を稼ぐことが出来ないという人は結構いるでしょう。そこでこういう時に利用するといいのがSEOというものであり、これは検索エンジンで検索をしたときに自分のホームページを上位表示させるというものになります。これでホームページにアクセスしてくれる人を稼ぐことができるので、商売をするなら必須のテクニックになりますよ。SEOはキーワードを仕込んでおくことで、ヒット率を高くするのです。

外部のSEOは重要である

リンクには被リンクというものがあり、この被リンクというのは外部のホームページから、自分の販売している商品ページにアクセスしてもらうためのリンクになりますよ。これは商品を実際に使った方がその満足度などをレビューしているサイトなどであり、ここを経由して自身のホームページにアクセスしてもらうものになります。これを外部SEOといい、検索エンジンの上位に表示させるためには必須の事になるので、必ずしておきましょう。

ナチュラルリンクを活用しよう

SEOをするときにリンクが重要となっているのですが、このリンクにも複数の種類がありますよ。その中でもナチュラルリンクというものがあり、これはユーザーにとって役に立つ情報を紹介したいという方などが運営しているリンクになります。つまりこれは優良コンテンツということになり、自然な形で商品を紹介してもらいそのページにリンクを作ってもらうというものなのです。これはブランドイメージなどに関わってくるので、かなり重要な外部SEOになりますよ。

ホームページ作成とSEOは常に切り離せない関係にあります。SEOとはホームページを大手検索エンジンの検索順位の上位に表示するための方法です。


  • -

向上心のアップにもつながる!?いつもと違った目線で仕事に取り組んでみよう!

どんな仕事も全力で取り組もう!

何年も同じ部署で仕事をしていると、仕事の内容も手順も自分なりに力を抜くところが分かってきたりしますよね。毎日、毎週、毎年というように同じことを続けていると飽きのようなもの感じたりするかもしれません。でも、そんな仕事こそ全力で取り組むようにしましょう。どんな仕事でも、ミスなく仕上がれば気持ちの良いものです。この仕事ならこの人に任せると安心といわれるようになれば、モチベーションのアップにもつながるでしょう。

冷静な判断ができればイレギュラーにも対応できる!

ふだんなら自分の担当でない仕事が急に発生すると、その日の予定が台無しになってしまうということもありますよね。それも急ぎとなると断ることもできないし、調べなければいけないこともいつも以上に多いそんなときでも、冷静な判断ができれば不可能も可能になるものです。急ぎのものがあるなら、それを先に片付けてしまう方が吉です。手間のかかる仕事ほど、後回しにすると時間に追われてミスが発生しやすいものです。いつもの仕事なら、いくらでも挽回するチャンスが残されています。

自分が関わった仕事には責任を持とう!

あなたはどんなに小さな仕事でも自分のこなした仕事には責任を持っています!と言い切れるでしょうか。たとえば、たった一枚のコピーを頼まれたとしても、濃すぎず薄すぎず歪みなく仕上げられるでしょうか。コピーくらい自分ですればいいのに、と思うかもしれません。でも、頼まれて引き受けたのであれば、それはあなたの責任で行う仕事ということになります。些細なことでも、当たり前のことを当たり前にこなしていれば、責任感が養われて自信を持つことにもつながっていくでしょう。

ワークフローとは、ある一連の集団で行う作業においての各役割分担を図式化したもので、目に見える形にする事で誰からも作業の進捗が明確に把握できる状態にする事を目的としています。


  • -

スペースを有効活用!トランクルームの活用事例

海外転勤時の家財道具の収納

グローバルに事業展開をしている企業では、社員への教育の一環として海外転勤を命じることが一般的です。昇格試験を受ける際の条件として海外転勤の経験が必要になることも少なくありません。海外転勤が命じられると、自宅を賃貸物件として貸し出すリロケーション活用をする場合が多いですが、海外に持っていけない家財道具などが必ず発生しますので、トランクルームに預けておくことが有効です。特に実家が遠方にある場合には、トランクルームのサービスは重宝できますよね。

子育て中のレジャー用品の収納

子育て世帯では子供の成長に応じておもちゃも大型化する傾向にあり、高額なおもちゃも多くなってきますよね。使わなくなっても廃棄するには勿体無いので、親戚の子供が使える時期まで保管しておくケースが多いです。そんな時はトランクルームに大型のおもちゃを預けておくと、自宅の収納スペースを有効活用できて便利ですよ。レジャー用品に関してもテントやスノーボードなどは嵩張りますので、トランクルームに預けておくと良いでしょう。

リフォーム工事中の収納

リフォーム工事や大掛かりなリノベーション工事の際は、家財道具を一時的に移動させることが必要となりますよね。家財道具を工事現場に置いておくと、養生費用がかかり、電化製品などは故障の原因にもなりますのでトランクルームに預けておくことが有効です。数ヶ月の工事期間でもトランクルームに預けておくと、すぐに出し入れ出来て便利です。リフォーム会社としても、工事現場に家財道具がない方が気を使わずに工事が出来ますので、作業もスムーズに進みますよね。

集合住宅(マンションなど)の玄関脇・地下の他、別棟などに備えられている収納庫を「トランクルーム」といいます。


  • -

手間がかからない!?トイレ詰まりの解消方法

放置しておけばトイレ詰まりは案外治る?

誰しもが経験したことがあるであろうトイレ詰まり。この大半はトイレットペーパーの流しすぎや便の状態で、便器からの排水管が詰まってしまうために惹き起こされます。排水管は、逆流などを防ぐために便器の中で複雑にうねっているために、固形状態の排水物が多いと排水管に圧力がかかって詰まりやすいのです。しかし、時間をおくことで水などで固形物が徐々に溶かされていき、排水管にかかる圧力が解消されて詰まりが無くなる場合があります。

放置でも詰まりが解消されない場合はお湯を入れてみる

排水管に詰まった固形物の圧力が高く、放置でも詰まりが解消されない場合はままあります。そのような場合はお湯を便器に注ぐと、より固形物を溶解させる効果を高めることができます。ただ便器は陶器ですので、絶対に熱湯を注いではいけません。また便器に水がある状態だと効果が薄れるので、時間をおいて水が引いてから注ぐようにしましょう。これでも効果が見られない場合は、重曹と酢を加えて二酸化炭素を発生させることでより効果が高まります。

ラバーカップが無い時は

以上のことを試しても効果が無いようであれば、ラバーカップなどを使った詰まり解消方法を行わなければなりませんが、ラバーカップが無い場合は別の方法を講じなければなりません。少々抵抗はあるかもしれませんが、直接便器の排水口に手を入れて詰まりをかき出す方法もあります。さすがに手を直に入れたくはないため、スーパーのビニール袋で手を包んで排水口から曲がって上方へ続く排水管あたりをまさぐるようにして詰まりをかき出します。終わった後は別のビニール袋に使ったビニール袋を捨てるようにすれば、思ったより手を汚すこともありません。

古いトイレを交換する際、詰まりを解消させる目的で配管の交換を併せて行うことがあります。トイレは誰でも毎日使用する設備なので、水道工事は配管の耐久性を考慮して慎重に行うことが大切です。


  • -

長持ちさせたい!カーテンのメンテナンス手法

汚れや色あせに対処!カーテンの見た目に関わる手入れ

窓際には、インテリアの一つとしてカーテンが使われています。それらを長く使い続けるためには、きちんとしたメンテナンスを行わなければなりませんね。カーテンの布は、汚れてしまったり、色あせてしまう事がよくあります。カーテンのクリーニングにより、汚れは落とす事ができます。しかし、色あせてしまうとそれを修復するというのは難しいため、長く利用してきてすっかりと変色してしまったカーテンは、買い換えることを考えてもいいでしょう。

レールの維持管理も重要!錆や歪みへの対策

窓際に使われているカーテンは、レール式で取り付けられている事が多いです。このレール部分も、長年の使用と共に傷んでいる事が多い箇所です。カーテンを吊り下げるためのレールは金属が用いられているものがよくあり、所処が錆び付いていたり、あるいは歪んでいるといったことも見られます。多少の錆は研磨することで落とす事ができます。また、金属レールの曲がりについても、多少の歪みであれば少し力を入れることで修正が可能です。

忘れてはいけない!?カーテン周りの窓や壁の手入れ

カーテンへのメンテナンスには、窓や壁への配慮も必要になるでしょう。長く手入れを行ってこなかったカーテンは、その周辺も汚れている可能性があります。窓のサッシに汚れが溜まっていたり、壁にホコリが付着していることがよくあります。カーテンへのメンテナンスに合わせて、窓や壁への手入れも欠かさないようにする事が大切です。トータルでのメンテナンスを欠かさないことにより、窓際のインテリアを美しい状態で長持ちさせられます。

ひもカーテンはドイツ生まれで、ストリングスカーテンやフリンジカーテンとも呼ばれ、店舗の装飾や窓まわりのレースカーテンの代わり、暖簾のように間仕切りとして使われることが多いです。


  • -

看板の重みはショップの想い、斬新なアイディアで集客力をアップしよう

看板という言葉には大きな意味がある

「看板を背負う」「看板を掲げる」「看板を立てる」「看板を下ろす」など看板を使った言い回しは沢山あります。スポーツにおいても柔道やレスリングなどは、「看板をかけた戦い」などと言ったりしますが、看板とはそれだけ重要な物でショップに限らず自分の所属している場所には必ず看板があるものです。看板は引き継ぐものであったり、趣味で行っている場所にあったりもします。私たちが一般にイメージするショップの看板は代表的な看板と言えるでしょう。

重みのある看板だからこそ思い入れがある

ショップに掲げられた看板は決して軽くはありません。力のある男性か二人係で持つくらいの重みがあるはずです。この看板の重みは看板自体の重さに比例するように「看板を背負う」重みとして捉えることが出来るでしょう。その重さこそショップのプライドや商売繁盛への試行錯誤の積み重ねと言えます。重い看板は決して軽い気持ちで掲げているものではなく、各ショップが考え抜いた末の決められたデザインでショップの誇りとしても掲げているのです。

沢山の思いが詰まっている看板に集客を託す

考えて考え抜いた看板で各ショップは繁盛を目指し日々売り込みをしなければなりません。駅前はいつでも古い看板から最新型の看板がひしめき合ってるからこそ活気があるのです。古ければ老舗の風格が漂いますし、最新型の液晶画面が付いた看板ならリアルタイムに情報を映し出し宣伝することが可能です。ショップにはそれぞれのカラーがあり、イメージに見合った看板を作りつつ、斬新なアイディアもプラスしてオリジナリティ溢れる看板に仕上げることが出来れば、集客威力のある看板として絶大な効果が望めるでしょう。

看板の活用法は、主に、お店などで扱う事が多く、お客さんの目に付きやすいように外に出し、飲食店や、雑貨店など、その日のおすすめや、売りたいものなどを記入して使います。