長持ちさせたい!カーテンのメンテナンス手法

  • -

長持ちさせたい!カーテンのメンテナンス手法

汚れや色あせに対処!カーテンの見た目に関わる手入れ

窓際には、インテリアの一つとしてカーテンが使われています。それらを長く使い続けるためには、きちんとしたメンテナンスを行わなければなりませんね。カーテンの布は、汚れてしまったり、色あせてしまう事がよくあります。カーテンのクリーニングにより、汚れは落とす事ができます。しかし、色あせてしまうとそれを修復するというのは難しいため、長く利用してきてすっかりと変色してしまったカーテンは、買い換えることを考えてもいいでしょう。

レールの維持管理も重要!錆や歪みへの対策

窓際に使われているカーテンは、レール式で取り付けられている事が多いです。このレール部分も、長年の使用と共に傷んでいる事が多い箇所です。カーテンを吊り下げるためのレールは金属が用いられているものがよくあり、所処が錆び付いていたり、あるいは歪んでいるといったことも見られます。多少の錆は研磨することで落とす事ができます。また、金属レールの曲がりについても、多少の歪みであれば少し力を入れることで修正が可能です。

忘れてはいけない!?カーテン周りの窓や壁の手入れ

カーテンへのメンテナンスには、窓や壁への配慮も必要になるでしょう。長く手入れを行ってこなかったカーテンは、その周辺も汚れている可能性があります。窓のサッシに汚れが溜まっていたり、壁にホコリが付着していることがよくあります。カーテンへのメンテナンスに合わせて、窓や壁への手入れも欠かさないようにする事が大切です。トータルでのメンテナンスを欠かさないことにより、窓際のインテリアを美しい状態で長持ちさせられます。

ひもカーテンはドイツ生まれで、ストリングスカーテンやフリンジカーテンとも呼ばれ、店舗の装飾や窓まわりのレースカーテンの代わり、暖簾のように間仕切りとして使われることが多いです。