手間がかからない!?トイレ詰まりの解消方法

  • -

手間がかからない!?トイレ詰まりの解消方法

放置しておけばトイレ詰まりは案外治る?

誰しもが経験したことがあるであろうトイレ詰まり。この大半はトイレットペーパーの流しすぎや便の状態で、便器からの排水管が詰まってしまうために惹き起こされます。排水管は、逆流などを防ぐために便器の中で複雑にうねっているために、固形状態の排水物が多いと排水管に圧力がかかって詰まりやすいのです。しかし、時間をおくことで水などで固形物が徐々に溶かされていき、排水管にかかる圧力が解消されて詰まりが無くなる場合があります。

放置でも詰まりが解消されない場合はお湯を入れてみる

排水管に詰まった固形物の圧力が高く、放置でも詰まりが解消されない場合はままあります。そのような場合はお湯を便器に注ぐと、より固形物を溶解させる効果を高めることができます。ただ便器は陶器ですので、絶対に熱湯を注いではいけません。また便器に水がある状態だと効果が薄れるので、時間をおいて水が引いてから注ぐようにしましょう。これでも効果が見られない場合は、重曹と酢を加えて二酸化炭素を発生させることでより効果が高まります。

ラバーカップが無い時は

以上のことを試しても効果が無いようであれば、ラバーカップなどを使った詰まり解消方法を行わなければなりませんが、ラバーカップが無い場合は別の方法を講じなければなりません。少々抵抗はあるかもしれませんが、直接便器の排水口に手を入れて詰まりをかき出す方法もあります。さすがに手を直に入れたくはないため、スーパーのビニール袋で手を包んで排水口から曲がって上方へ続く排水管あたりをまさぐるようにして詰まりをかき出します。終わった後は別のビニール袋に使ったビニール袋を捨てるようにすれば、思ったより手を汚すこともありません。

古いトイレを交換する際、詰まりを解消させる目的で配管の交換を併せて行うことがあります。トイレは誰でも毎日使用する設備なので、水道工事は配管の耐久性を考慮して慎重に行うことが大切です。