似ていてややこしい!インクカートリッジの種類

  • -

似ていてややこしい!インクカートリッジの種類

互換インク?リサイクルインク?どう違うの?

プリンタで自宅で印刷をするのはもはや当たり前と言えます。写真など高画質の画像も印刷することが多くなってきました。そのような場合に問題なってくるのはインクカートリッジの維持コストです。一説には容量あたりの金額を比べると医療用輸血の血液よりも高いとさえ言われるインクカートリッジ、その値段を抑えるのがリサイクルインクや互換インクなどのカートリッジです。名前は似ていますが、つくりが少し異なっているので使途をはっきりさせた上で購入を検討すると良いでしょう。

互換インクは文字通り互換性を付けている

まず互換インクは、メーカー純正品と同じ形で、違うメーカーが製作したものです。純正品と「互換性がある」のでその名がついています。カートリッジ自体の外寸が異なると言うことは基本的にはありませんが、特許の問題でプリンタ本体と接続する部分に当たる基盤の配線が純正品と明らかに異なっている場合もあるようです。これらもちゃんと動作するように設計されているので問題はありません。当然ですがメーカー純正品よりお値打ちになっています。

リサイクルインクは中身が違い、外見は同じ

これも名前の通りですが、リサイクルインクはカートリッジ自体を洗浄し、そこに別のメーカーが開発したインクを詰めて再利用したものです。対応機種さえ誤らなければ、もとは純正カートリッジですからうまく装着できないと言った問題は皆無です。ただしロットや、洗浄してあるとはいえ純正カートリッジとして使用していた頃の環境によってはインクの出具合にトラブルが生じる可能性もあり、純正ではないにしろこれらの不外に対応しているメーカーもあります。自身で使ったカートリッジに自分でインクを詰め替えるタイプのものもあり、これもコストパフォーマンスがかなり高いと言えます。

封筒印刷を業者に依頼する際には、カラーかモノクロ、枚数、紙質などによって単価が異なるので、事前に確認が必要です。