Daily Archives: 2015年8月25日

  • -

製品が市場に出荷されるまで、システム開発のAtoZ!

プロジェクトの初期段階では何が行われる?

家電量販店などでは、常に多くの製品が並んでいますが、製品は一体どのように作られているのか、疑問に思ったことはないでしょうか。一見単純な作りの製品などは、メーカーで簡単に作られ、普通に店頭で売られていると思いがちですが、実はそのような製品でも、長く険しい工程を経由したうで店頭に陳列されています。プロジェクトの内容にもよりますが、例えばハードウェアのシステム開発であれば、第一に大まかな日程が決められ、その日程に従って開発を進めていきます。ほぼ並行して、仕様決定のためのマーケティング調査も実施するのが一般的です。市場でどんなものが求められているのか、ニーズの調査を行い、搭載すべき機能を決めていきます。

予算が足りない!そんな時はどうする?

市場調査終了後、すぐにシステムの開発が開始されるわけではありません。まずは調査結果をもとに、仕様を決定していきます。最初は値段や日程などは考慮せず、製品に搭載したいと考えている全ての機能を盛り込む手法もあります。ライバル製品や市場価格を考慮したうえで、プライオリティに従って徐々に機能を削っていき、ターゲットを限定しつつ原価計算や流用部材の在庫等により、最終的な価格を決定します。ある程度仕様が決まった段階で、ハードウェアやソフトウェアのシステム開発にかかる人員や、構造設計など各グループに必要とされる人員を、予算に合わせて確保する必要があります。短期的に予算が足りない場合には、日程の調整などにより、ひと月に必要とされる人員を減らし、意図的に次期に跨るよう長期化させ、次期の予算をあてにするという方法もあります。同時に、詳細な日程についても検討します。

出荷までの道のりは遠い?評価の重要性

仕様が決まった段階で、各部門では設計仕様書を作成、本格的な設計・開発作業に入ります。多くは製品設計の初期段階で試作品を作成し、評価を行うことで修正するべき箇所を見つけ、フィードバックします。設計者はフィードバックをもとに、最終的な製品の設計を行います。作成された製品はそのまま出荷されるわけではなく、ユーザーの使用に耐えうるかどうか、安全性に問題ないかどうかなど、多種多様な項目について詳細な評価が実施されます。設計者が実施する評価以外に、設計者以外によって信頼性に関する評価も行われるのが一般的です。評価は各部門で実施され、出荷が問題が無いと判断された時点で、晴れて市場に出荷されていくのです。

新システムに移行をする際にnotesのマイグレーションを利用することで、作業の手間や負担も大幅に減らせます。


  • -

倉庫作業の生産性と品質を求めるなら作業の自動化を目指そう

物流倉庫では生産性と品質が大事

一般的な倉庫では在庫管理を行い、入出庫から最終検品を経て出荷され、エンドユーザーへ届けらる流れと言って良いでしょう。このような作業が日々行われているのが物流倉庫であり、整った倉庫運営が出来ていれば、いち早く商品や部品を届けることが出来るのです。逆に在庫がどこにあるのか、いちいち調べなくてはならない倉庫では、効率も悪くエンドユーザーの満足度も高めることは出来ません。どの倉庫もスピーディー且つ高品質な倉庫というものを目指しているのです。

定置管理が必要な訳は?

自分の部屋の中には沢山の私物があるはずですが、部屋の中がしっかり整理されているという人は、倉庫作業にが向いているかもしれません。また整理整頓や掃除などが苦にならない、むしろ得意という人も物流倉庫での作業が合っていると言えるでしょう。商品や製品を出したり入れたりするには、定置管理が絶対必要です。あるべき場所にある商品がなければ、出荷することが出来なくなってしまいます。引き当て対象の商品が定置管理されていれば、確実に出荷することが出来るでしょう。

人の手による作業では間違いが発生する

作業者のミスを無くすにはどうしたら良いでしょうか。100パーセント確実な出庫を考えるとだたひとつ方法があります。人の手で出庫するのではなく機械に出庫させれば、間違えて隣にある商品を出庫してしまうミスを無くすことが出来ます。自動倉庫システムを導入している倉庫では、出荷品番をバーコードでスキャンすれば、ユーザーから注文を受けた商品を自動的に機械が運んできてくれます。機械が運んでくるまでの間を別の作業に費やすことが出来れば、まさに一石二鳥でしょう。

広い倉庫を借りるならここを利用してください。便利な会社です。安くて大きな所を借りることができます。全国展開しています。


  • -

大変な引越しも楽々!!上手に片づけるコツ!!

要らないものは思い切って捨てる!!

新しい住まいへの引越しは、気持ちが引き締まりますよね。そんな時に苦労するのが引越しの片づけですよね。全ての荷物を新しい住まいに運ぼうとすると膨大な量になってしまい、せっかくの新居が散らかってしまうこともあります。引越しをする時のコツは、「要らないものは思い切って捨てる」ということです。片づけの時に大きな段ボールの箱を用意し、着ない洋服や小物などは処分するようにしましょう。フリーマーケットやオークションに出品しても良いですね。

荷造りのコツは段ボールにわかりやすく明記!!

新居に持っていくものをごちゃまぜに段ボールに詰めてしまうと、新居での収納に時間がかかりすぎて困ってしまいます。片づけの時に、新しい家に引っ越してもスムーズに収納ができるように、段ボールに何が入っているのか明記しましょう。その時は、キッチン雑貨、本、DVD、洋服など種類別に入れて置くのがとても大切ですよ。どこに何が入っているかわかることで新居でも物の出し入れが簡単ですし、収納や整理で頭を悩ませることも少なくなりますよ。

たためる洋服は収納ケースに入れておく!!

新しい引越し先に行くと、必要なものを買い出しに行ったり、物の配置を考えたりとと大忙しです。そのため、片づけの時は、たためる洋服を衣装ケースにきれいに保管しておき、新居ではそのまま置くだけで済むようにしておくと便利ですよ。その時は引越し先のクローゼットのサイズをしっかり把握し、クローゼットの大きさに合致した衣装ケースを用意してくださいね。引越し先で荷解きをせずにそのまま収納できるのはとても楽ですよ。

不用品の回収を依頼したいなら、便利屋など専門の業者に依頼すべきです。連絡を入れて、迅速に対応してくれる業者に申し込むべきです。